24th July 2017

MINA-TO SUMMER FESTIVAL “FUTURE STAR”に参加致します。

7月24日 月曜日から8月13日 日曜日まで。

会場:MINA-TO、スパイラルカフェ(スパイラル1F)

---

MINA-TO SUMMER FESTIVAL “FUTURE STAR”

24th Mon July - 13th Sun August 2017

At MINA-TO 1F Spiral Market

---

Spiral


12th May 2017

5月12日よりMaho Kubota Galleryにて個展『ヒロシマ カラー」を開催致します。

5月12日金曜日から6月24日土曜日まで。

---

Solo Show - Colours of Hiroshima - at Maho Kubota Gallery.

12th May - 24th June 2017

---

Maho Kubota Gallery


14th April 2017

広島 エディオン蔦屋家電の1F エレベータ部分に作品を制作しました、タイトルはヒロシマカラー。

---

Edion Tsutaya Kaden, Hiroshima

Colours of Hiroshima, 2017

From 14th April 2017 

---

Edion Tsutaya Kaden


01 September 2016

Maho Kubota Galleryにてグループ展示 AKI INOMATA、古武家賢太郎、ブライアン・アルフレッド TOKYO-LONDON-NEWYORK 開催。

ペインティング、およびドローイングを展示いたします。

2016年 9月1日から10月8日まで。

---

I am taking part in the new group exhibition which has just started at Maho Kubota Gallery, Tokyo,

where I will be showing a number of new drawings and paintings.

"TOKYO-LONDON-NEW YORK" Aki Inomata, Kentaro Kobuke, Brian Alfred

1st September - 8th October 2016

---

Maho Kubota Gallery

---

AKI INOMATA, Kentaro Kobuke, Brian Alfred TOKYO-LONDON-NEWYORK

Sep 01 (Thu.), 2016 - Oct 08 (Sat.), 2016

 

ラップトップとパスポートとわずかな荷物、あるいはiPhoneたったひとつをポケットに入れて飛行機に乗れば次の瞬間にはまったく別の座標の中に身をおいている自分を発見する身軽さ。ましてや物理的な移動さえ、今を生きる私たちの「ワープ」には必要ないのかもしれない。地図や時間の制限を超えた高度で細密なコミュニケーションの中では、文化圏や思想背景の壁を飛び超えた匿名性かつ普遍性をもった真実が、一瞬のうちに大きな数の人々の意思の共有を実現することがある。

 そう、今や「シェア(共有)」の感覚は、時差の壁さえ超えつつある。インスタグラムに毎秒投稿される膨大な数のイメージは、地球上に繰り広げられるシームレスな時間軸を物語っている。集められたイメージの中の価値観に多様性が見える一方、我々を乗せて物凄いスピードで回転し突っ走る地球という乗り物は、パーソナルな言語や欲望を大きな潮流に変換していく。私たちを巻き込む、大きなトレンドの渦の持つ磁場の強さと無関係に生きて行くことはもはや不可能にも見える。

 「東京—ロンドンーニューヨーク」と題された本展は東京=AKI INOMATA 、ロンドン=古武家賢太郎、ニューヨーク=ブライアン・アルフレッド、という大都市をホームグランドにするアーティストの作品を紹介することを目的としているものの、それはもしかしたら「ブエノスアイレスーテヘランーチェンマイ」でもあるかもしれないし、「ベオグラードーアデレイドーケープタウン」でもあったかもしれない。コンピュータをネットに繋ぐことで仮想世界のノマドであり続ける私たちは「大きな物語」を生きているようで、同時にごくパーソナルな「小さな物語」の主人公でもある。本展では「シェア(共有)」という概念、そして「アノニマス(匿名性)」、「ノイズ(雑音)」、さらに「コンフリクト(対立)」、「パーソナル(個人)」、「シンボル(象徴)」といったキーワードをもとに、複雑でフラジャイルな世界を行き来する現代の表現の行方を探っていきたいと思う。

---

MAHO KUBOTA GALLERY is delighted to announce a group exhibition entitled TOKYO / LONDON / NEW YORK.
This show introduces the works of three artists living in those major cities across the world—Aki Inomata in Tokyo, Kentaro Kobuke in London, and Brian Alfred in New York.

A feeling of incredible lightness comes from getting on a plane with just your laptop, passport, and minimal luggage in hand, or else just an iPhone in your pocket, and the next moment finding yourself in a totally different spot on the earth. Or maybe that kind of physical movement isn’t even necessary for us any more in the ‘warp’ of modernity we live in. With our highly complex forms of communication that transcend the restrictions posed by maps and time, truths that go beyond cultural differences and modes of thought, possessing both anonymity and universality, can have huge numbers of people across the world sharing their thoughts within a single instant.

The feeling of ‘sharing’ is now beginning to transverse even the barriers of time difference. The phenomenal number of images posted on Instagram every second speak of the seamless web of time that spreads across the world. While on the one hand this mass of images speaks of diversity of values, it also testifies to the fact the vehicle that is earth, spinning round at ferocious speed with us all on board, transforms personal language and individual desires into a sweeping tide. It already seems outside the realms of possibility to live a life that is unaffected by the huge forcefield created by the all-powerful whirlpool of the changing trends.

This exhibition entitled ‘Tokyo/London/New York’ introduces the works of three artists living in those major cities across the world—Aki Inomata in Tokyo, Kentaro Kobuke in London, and Brian Alfred in New York—but the exhibition could just as well have been Buenos Aires/Tehran/Chiang Mai, or Belgrade/Adelaide/Capetown. As we join up our computers to the net and thereby assume a nomadic presence in that imaginary world, we become part of a ‘bigger story’, as well as the protagonist of our own personal ‘small stories’. As it explores key concepts such as sharing, anonymity, noise, conflict, symbols, and the individual, the exhibition investigates contemporary forms of expression making tracks in this complex, fragile world of ours.


01 September 2016

ウエブサイトをリニューアルいたしました。

---

I am please to announce my website kobuke.com has been renewed.